現金化って違法?気になるリスクや安全性について

- クレジットカード現金化のリスクを知り安全に利用しよう

更新情報

クレジットカード現金化のリスクを知り安全に利用しよう

リスクがあることがよく指摘されていますが、それを理解すればお金に困っている人を一時的に助けてくれるのがクレジットカード現金化です。
リスクを知らないから怯えることになり、またトラブルに巻き込まれます。
どのような点にリスクがあるのかを知っておきましょう。

危ない現金化

換金率が問題になることが多いですが、依頼してからお金が振り込まれないで詐欺行為に遭う人もいるのがクレジットカード現金化です。
そのようなことをする業者もいることを知って、依頼する場合は慎重に選択しなければなりません。
クレジットカード会社に現金化していることが発覚すると、カードの利用停止処分を受けることもあります。
多くの会社が利用規約としてありますので、明らかに利用者の違反です。
そのようなことにならないためにも、発覚しない工作をする現金化業者を選ぶことも重要になってきます。
詐欺だけではなく、現金化に優れている業者も選ばないといけません。

闇金に情報提供も

消費者金融からお金を借りることができない人たちが、クレカ現金化を利用しています。
そのような人たちの情報が闇金業者に渡ってしまうと、コンタクトがあり、口車に乗せられて違法な金利でお金を借りてしまう可能性もあります。
実際これを目的として現金化業者として運営しているところもあります。
身分証明書と電話番号といった個人情報を業者に提供してから現金化が始まりますので、慎重に選ばなければいけません。
お金に困っている事実に、闇金業者は付け込んできますので、そのようなことにならないためにも、優良な信頼できる業者を選ぶことが大切です。

違法性はない

システムとしては古物商と同じになっており、違法性はないと言われていますが、クレジットカードの代金支払いが終わるまではその商品の所有物はクレジットカード会社のものになると判断されています。
よって横領罪に問われる可能性もここにはあります。
だからこそクレジットカード会社にバレないことがとても重要になるでしょう。

コントロールが大切

現金化と言っても借金と同じですので、その自覚を持っていなければなりません。
現金化にしたそのクレジットカードの代金はいずれ支払わなければならなくなり、それを怠れば利用停止処分を受けることになります。
そうなると現金化もすることができず、首が回らない状態になるでしょう。
あくまでも最終手段になりますので、自分をコントロールして利用してください。

Copyright(C)2016現金化って違法?気になるリスクや安全性についてAll Rights Reserved.